結婚して家庭を持つことを真剣に考えたとき、お金(収入)も大事なのかと疑います。

結婚して家庭を持つことを真面目に考えてみると、内面よりも収入が大事なのだと感じます。

真面目に結婚することを考えると収入も大事なのかと感じます。やはり収入の多い少ないは、大きな問題といえます。このことは、実際に私が結婚活動(婚活)を始めるようになって「そうだ」と感じました。実際に私の収入は、あまりないほうで、それが結婚相手として魅力的に映らないのだと思います。そのように考えるようになってからは、自分の被害妄想かもしれませんが、婚活で出会った方たちとの会話もあまり盛り上がらないように思います。初めのうちは、ただの勘違いや被害妄想かもしれないと感じていたのですが、何度もそのような経験をすると、疑うまでもなく、婚活市場では収入が多いほうが強みであることは間違いないと確信します。実際に、平均以上に稼いでいる友人は、婚活をしてから、すぐにパートナーが見つかり入籍しました。私は、その光景を目の当たりにして、さらに婚活の現実を突きつけられた気分になりました。私が婚活を成功させるためには、お金の問題をどうにかする必要があります。

結婚活動で異性と会話をするときには、パターン的に互いの趣味を質問しあうこと・・

結婚活動で出会った異性と話をするとき、趣味は何かという話題になることがよく遭遇するものです。そして私は気づきました。それは「ジムに通う」「映画鑑賞する」と返答する方が私が結婚活動で会話をした相手の約50%もいたのです。婚活でやっているパーティーに顔を出し、確率的に2~3人と話せばひとりがジム、もしくは映画鑑賞と答えるのでかなり驚きでした。現実にはそのどちらかが趣味なのかどうか、はさておき、一応結婚活動パーティーで異性と会話するのなら、あなたもジムに通ってみたり、(ジムは婚活のためとはいえ健康的だし自分自身のためにもなりますよね。)映画鑑賞をやっておくと、良い結果につながるかもしれません。