「結婚したいなら、男性の胃袋をつかめ」と昔から言われているわけです。そして…

「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」というのは古くからの定説ですが・・

「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と言われています。実際にこれは間違いではありません。なぜかというと、結婚をした場合、普通で考えれば、一つ屋根の下に暮らすことになるわけですが、そうなれば、当然のことながら、ともに食事をしていくので、やはり料理が得意で家事を率先してやってくれる女性が望まれるからです。ただし、「あなたはどういった料理が得意ですか?」と質問されたとき、パスタ・カレーライスと答えるのは避けておいた方が良いです。男性の多くは、パスタではお腹が膨らみません。また、カレーライスの場合は、時間がかかる割に、ありきたりな感じが伝わるので、スパイスの調合もする、ぐらいでないと得意料理として挙げられても男性からの評価が高くはなりません。「あなたはどういった料理が得意ですか?」と男性に質問された際、お勧めしたい料理は親子丼。気取ったイメージはなく、非常に家庭的ではありますが、きれいに仕上げるのが意外に難しく、料理上手、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションもまずまずなので、実際に作成練習をしてみてください。

結婚活動(婚活)していくんだったら、最低限、できたほうがいいこと、があります。

結婚活動(婚活)をしていくつもりなら、基礎として、女性として、身に付けておかなくてはいけないこと、があります。それは、キレイにお箸を持つことと、ただしい話し方です。もし、できていないと思うことがあるなら、これから学んでおきましょう。何故かというとこれらには、あなたがどんな環境で育ってきたのか、きちんとマナーを心得ている人間かを相手はマメにチェックするわけです。そしてまたキレイな動きは、一生涯のパートナーとなったときにも恥ずかしい思いをせずに済む、と考えるからです。こういったことから、結婚活動での結果にも大きな影響を与えるはずです。なので、婚活をするのであれば、こういったことをしっかり肝に銘じて疎かにしないように心掛けてください。ダイエット、メイクなどの外見の努力も重要なことですが、それよりも男性が重んじることがあるということを忘れずに。