結婚活動でやっているパーティーに初めていったとき、見事に失敗しました。

結婚活動で開催されるパーティーに初めて出席した時、見事に失敗しました。

結婚活動が目的で行われるパーティーに初めて参加した時、大失敗をしでかしました。当時は、婚活をスタートさせたばかりでの初心者だったので、婚活目的で開催されるパーティーの雰囲気などもわからず、一緒に行く友達とも当日の洋服の確認をすることなく何も考えないで行きました。会場に入り周囲を見てみると、会場内の女性は全員、スカートやワンピース、パンツでも女性らしい柔らかい雰囲気でした。その点、私のファッションはというと芸人のカズレーザーのような真っ赤なトップスに真っ赤なパンツです。そして、上着には黒いライダーズジャケット、足下には黒ブーツという場違いもいいところなファッションで参加です。当たり前ですが、そんな私は会場では浮きまくってしまい、誰かに声をかけてもらうことも一切なく、イスでたった1人で座り、何もできないままパーティーは終わりました。いまだに、思い出すと赤面するぐらい恥ずかしいですし、人生でこんなにはずかしい経験はほとんどしたことがないです。以降、結婚活動で行われるパーティーに行くときは、ファッションを友達とチェックしあうようになりました。

婚活でするパーティーで、たくさんの男性から好かれるには…

婚活パーティーを利用したとき、なるべく多くの男性に好かれるには、まずは自身の立場が有利となるイベント、あなたの長所をアピールできるパーティーを選択する必要があります。今では、職業や年齢、そして結婚歴の有無といったカテゴリをはじめ、様々な条件で絞ったパーティーが開かれていたりしますが、男性が女性を探す際、優先順位にくるのが、「年齢」なのは間違いありません。仮に、35歳ぐらいの女性が高収入な男性に限定されているイベントに行ったとしても、残念ながら、好印象とはなりにくいです。対象年齢に制限がない婚活パーティーの場合だと、どうしても20代の若い子に、人気が集中してしまいます。ですので、30代の女性は、チャンスを高めるためにも、女性の年齢層が高めのイベントに参加するのがおすすめです。自分より年上の人たちの中にいれば、相対的に若いので確実にモテます。