「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と古くから言われているわけです。そし・・

「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」と昔から言われていて、耳にした人もいるとは思います。そし・・

「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」というのは定説です。そして、それは真実ではないでしょうか。なぜかというと、結婚したなら、同じ屋根の下に暮らすわけですが、そうなれば、当然、ともに食事をしていくので、料理をするのが得意で家庭的な要素を持ち合わせている女性が必要とされているからです。ですが、「どんな料理が得意ですか?」と尋ねられたとき、パスタやカレーライスと返答するのはタブーですし、その後の印象を悪くするので要注意です。男性の多くは、パスタを軽食レベルのものと捉えています。それに、カレーの場合は、時間がかかる割に、手抜きのように感じられるので、ルウもオリジナル、ぐらいでないと得意料理ですと言われても男性受けはあまり良くありません。「得意料理は何ですか?」と質問されたときに、ぜひお勧めしたい答えは親子丼。気取ったイメージはないですし、非常に家庭的な雰囲気がありながら、盛り付けが意外に難しく、料理上手な女性である、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションもかなり良いので、実際に上手く作れるように練習しておくと良いでしょう。

今後、結婚活動(婚活)をしていくつもりなら、第一歩として、…

今後、結婚活動(婚活)をしていくのなら、マナーとして、身につけておいたほうがいいこと、があります。それは、お箸のキレイな持ち方と、礼節ある話し方としぐさです。もし、できていないことがあるのなら、これからでも遅くはないので習得しておきましょう。それらには、どんな環境で育ってきたのか、また、きちんとマナーを心得ている女性かを知るヒントにもなるわけです。またキレイな動きは、生涯の伴侶となった場合にも男性側は恥を掻かずに済む、と考えるからです。このことから、結婚活動(婚活)の成功率を高めるはずです。なのであなたが、真面目に婚活していく気があるのなら、こういったことを肝に銘じて疎かにしないように心掛けてください。ダイエット、ファッション、メイクなど、見た目の努力もとても大切なことですが、それ以上に男性が女性にもとめている部分があることを自覚してください。