実際に結婚活動をしてみるとどういう訳か、心も体もとても疲れます。

実際に結婚活動をしてみるとわかることですが、めちゃくちゃ疲れます。

  • 結婚活動(婚活)をしてみると分かりますが、心も体もかなり疲れます。結婚活動(婚活)し始めてから、当たり前に恋愛をしたのちに、勢いで結婚した友人たちを見ると、すごい偉業を成し遂げた人みたいに思ってしまいます。これまでの生活に結婚活動(婚活)、を加えただけなのにどうして、体も心も疲れてしまうのだろうとじっくり考えてみると、「色々と婚活で努力しているのに、理想とする男性に出会えない」ことが原因、という結論になりました。40歳直前になっても結婚活動していると、自分よりも男性のほうが若いということもあり常識知らずな人ばかりに毎回ではありませんが、知り合うこともあります。そのような人と接すると、大きなストレスを感じます。名前を名乗らない人、あいさつをまともにできない人や、職業が怪しい人など、地雷ともいえる人との出会いは疲れます。私はただ周囲の人たちのように当たり前に結婚をしたいだけなのに、本当に難しいものです。

    付き合っている人はいたのにずっと独身だった知り合いの話しなのです…

  • 彼氏がいるにはいたのですが、結婚相手に恵まれなかった私の身近な友達の話しなのですが、ついこの間、結婚相談所がキッカケとなり出会い、意気投合した方と無事に結婚しました。けれども、初めから結婚してもいいと思える方を紹介してもらえたわけではなかったようです。めでたく結婚が決まるまでに、4人ぐらい紹介されてのゴールインとのこと。その中で様々な情報交換をしながら結婚を前提に考えらえる男性と知り合えたそうです。その後、二人は、半年ほど付き合ったのち結婚に至りました。余談にはなりますが、入籍した相手には、結婚相談所のローンが残っていたみたいなのですが、二人が出会えたことに満足しつつ返済していったとのことです。ややお金は必要ですが、それでも結婚願望がある人にとっては結婚相談所は、よいみたいです。