婚活イベントに限ったことではなく、異性とのコミュニケーションの…

結婚活動のためのパーティーだけではありませんが、異性との出会いの場面・・

婚活のためのイベントなどに限らず、異性と出会ったときに大きな武器となるのが、笑顔です。しかし、意識して笑顔を作ることは結構難しいもので苦手な人も多いはずです。実際に、自然とステキな笑顔を作れる人はそんなに多くはいません。婚活で絶対にパートナーを探してやる!と、気持ちを奮い立たせるのはいいのですが、気持ちだけ先走ってしまうと、顔が強張ってしまい、逆に、相手に怖い印象をあたえることになりかねません。気が付けば、ひとりぼっちになってしまうのは、それなりの原因があると見ておくべきです。無理に笑顔を作らなくても良いので、婚活を楽しくしていますよ、という精神で臨むと、自然な形で相手から話しかけてくれるようになるでしょう。

相手を見た目の雰囲気だけで判断してはならない、なんていうけど…

相手を外見で判断するのはよくないこと、というけど、婚活(結婚活動)においてはそのようなルールは一切通用しません。だらしないかっこうや髪型が変だと、初めて会った時の汚いイメージを払しょくすることは難しく異性から引かれてしまいますし、そのうえ、誤解されるのは不可避で、また会ってもらえる確率は殆どないと考えていいです。もちろん、名誉挽回することも出来ずに終わりです。それにプラスして、悪いイメージを持ったまま相手の記憶に残り続けるので、自分の知らないところで笑い種のネタになることもあり、近くに住む間柄だった場合、共通の友達がいるといった可能性もあるので、婚活でダメなイメージを与えるのは相当立場が悪いです。