40歳を超えて、結婚相手が見つからない、そのため結婚できない、・・

40を超えて、結婚する相手に出会うことができない、そのせいで婚できないというの…

40歳を過ぎた人が、結婚相手に出会うことができない、そのため結婚できない、は言い訳です。40をを過ぎていようが、本当に結婚したいという気があり、断られてもめげない人ならいつかは結婚はできます。その年齢まで残っている男女は、人生のなかで多くの経験を経た結果、相手に望む性格は、こうでなければ、また、年収や容姿はこうでなければと完全に決めつけてしまっていることが結婚を妨げる原因になっています。つまり、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを逃しているのです。それに加えて、40歳を過ぎた人たちは、一人の期間が長いこともあり自分ではそう感じていなくても楽をしたいという気持ちもあって、気が付かなくても相手に対する要求も高くなってしまう。自身では気づけないかもしれませんが、客観的に見てみれば、もしかすると「高望み」しているだけかもしれません。

結婚活動サイトで知った異性と実際に会ったら、全くイメージと違っていた!

今まで婚活サイトなどのネットを通じて接点を持った異性と実際に会うことになって、写真とはかなりイメージとは違っていた!というような経験はありませんか。というのは婚活サイトに掲載されているプロフ写真は、男女どちらも、実際の3割り増しに見えると捉えておくべきです。だって時間を掛けて試行錯誤しながら撮影していった画像の中のベストなものを使っていることが多いので、実物を目の前にして全然違う人に見えるのも無理はありません。今の時代、フォトショップみたいな便利な画像編集ソフトもカンタンに使える時代でもあります。従って、結婚活動サイトなどを利用するのなら、相手の真実の容姿は、3割ほど引いた上で、念頭に置いておくようにしましょう。